僕は底をついた。
もうどうにもならない。


生きるのに、食うのに精いっぱいだ
情けないが、反面これでギャンブルをやめてやると思っている。


先週のことだ
給料の入った破けて使えない通帳を


僕は土日にやっている場所を
聞いてしまったので


再発行した
そして下ろした


そしてギャンブルをした
そしてほぼすべてを使い切った


もうおしまいだった。
もしも、少しのアフリエイトの収入がなければ


どうしていただろうか
万引きでもしていたのではないだろうか


食べるのに困ってしまったから
そして頼るものは何もなかったから。


今月というか6月はサバイバルだ
少しの米と1万くらいでサバイバルする


情けない。
本当に情けない。


追い打ちをかけるように
予定していたボーナスも半分になるようだ


しかもいつ入るかわからない
きっと6月下旬だな。


サバイバルだ
そんな人間に家庭は持てない


いや持ってはいけない
本当にそう思う。


いいんだ、いずれそうなってた
底つきを感じなければ、本当に変われないから。


大丈夫。
感覚が研ぎ澄まされて


本当に大事なものが
見えている


ギャンブルよりも、お金よりも
大事なもの


あったかいもの
小さい手。


僕にバイバイしてくれた
小さい手を守らなければいけない。


そのために生きている
よかった生きていく意味がわかって


ありがとう。
小さき者よ。


今日も賭けない一日を
ありがとうございました。


サバ缶、ごち。


>>家族や自分がギャンブル依存症かな?と思ったら読む本はこちら<<


よかったら、いいねしてください
ブログを続ける励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村